相続で、家を相続する方は少なくありません。

しかし、亡くなった方の家族が、家を出ている場合、相続した家が空家物件になってしまうケースがあります。

空き家は、放置しておくと急速に劣化が進み、最悪の場合倒壊する恐れがある上、所有しているだけで税金などのコストがかかります。

そのため、空家となる物件を相続した場合には、売却したり、賃貸にしたりと何かしらの形で活用することをおすすめします。

老朽化を防ぐ空家の管理方法

管理する方法は、主に以下の2つです。
・定期的に自分で管理をする

・業者に依頼して管理をしてもらう

  • 自分で管理をするのがおすすめな人

    空家の近くに住んでいて、定期的にお手入れをしに訪れることができるのであれば、ご自身で管理することをおすすめします。

    【メリット】

    ▶費用がかからない。

    ▶自分の目で見て確認できるので安心。

    【デメリット】

    ▶空家が遠方の場合には困難。

    ▶手間がかかる。

    ダウンロード (3)
  • 業者に依頼するのがおすすめな人

    遠方に住んでいたり、定期的に空家を訪れる時間がなかったりする方は、業者に依頼するようにしましょう。

    【メリット】

    ▶空家が遠方の場合でも管理ができる。

    ▶プロの作業なので、空家管理の質が安定している。

    【デメリット】

    ▶費用が掛かる。

    管理を委託する費用は、行ってもらう作業によって変わりますが月々5,000円~10,000円程度が相場です。


    ダウンロード (4)

CHECK!

空家物件の管理でやるべき5つのこと

家の老朽化を防ぐためには、定期的にお手入れをしなければいけません。頻度としては、1ヶ月に一度行うのが理想です。お手入れとして必ずやっておくべきことは、以下5つです。

  • 1920タイル圧縮

    POINT01

    換気

    窓を開けて、家の中の空気を入れ替えましょう。閉じっぱなしにしておくと、湿気がたまり、カビの発生や木材の劣化に繋がります。

  • 1920石圧縮

    POINT02

    通水

    水道やトイレ、浴室などの水回りは、通水しないと、水道管が錆、破損する原因となりますし、水道管に溜まった水を放置すると悪臭の原因にもなります。また、水道管からネズミや害虫が侵入することもありますので、家の中の水回りは、一定時間水を流しておくようにしてください。

  • 1920タイル圧縮

    POINT03

    清掃

    がいなくても、ホコリがたまることがあります。また、カビや汚れが発生していることもありますので、しっかりときれいに清掃しましょう。

  • 1350421_s

    POINT04

    ゴミ拾い


    締め切っていて家の中にゴミはなくても、庭やベランダなどにゴミが落ちていることはあります。ゴミがたまると、外観の印象も悪くなりますし、害虫・害獣が住み着く原因にもなりますので、こまめに捨てるようにしてください。


  • 4121978_s

    POINT05

    雨漏りの確認


    古い物件の場合、屋根の劣化により雨漏りする可能性があります。雨漏りを放置すると、湿気がたまり、カビや木材の劣化を早めてしまうので、しっかりと確認しましょう。雨漏りをしている部分はしみになっていたり、カビが生えていたり、壁紙が剥がれていたりと、何らかのサインがあるはずです。


空家を所有するリスク!

固定資産税が数倍になることも!?

空家のまま所有していると、様々なリスクがあります。その一つに税金があります。


空家となって誰も住んでいない物件でも、所有しているだけで固定資産税と都市計画税が課税されます。

これは、誰かに売却したりしない限りは、ずっとかかり続ける税金ですので、必要のない空家であれば早めに手放すことをおすすめします。


一般的に、家が建っている土地の場合、固定資産税・都市計画税の課税評価は軽減されていますが、「特定空家」に指定されるとこの軽減措置を受けられなくなります。

「特定空家」とは、倒壊する恐れや、近隣に迷惑をかける恐れがあると自治体が判断した空き家です。

特定空家に指定されると、軽減措置を受けられなくなり、最大で当初の税額の6倍近い税金を支払うことになる可能性があります。

 固定資産税が高くなる以外にも、以下のようなリスクがあります。


■業者に依頼した場合管理コストがかかる

■自身で管理をする場合、手間と時間がかかる

■住宅用火災保険が使用できず、一般用火災保険に入りなおす必要がある

■害虫・害獣の住処になったり、犯罪の温床となったりして近隣の迷惑になる

■人口とともに住宅需要が減り、空家の価値が下がる。

空家を売却する

4つのメリット

住宅リフォーム26
  • 住宅リフォーム26
  • 管理のコストやストレスから解放される

    空家を売却すれば、固定資産税や都市計画税を支払う必要はありませんし、もう管理をしなくて良くなります。自宅ではない空家を定期的に管理するのは、思ったよりもストレスとなるものです。空家を売却すれば、税金や管理を依頼する費用、自身で管理する手間・ストレスから解放されることとなります。

  • 空家のリスクがなくなる

    空家を放置することで、建物が倒壊する恐れがあるほか、害虫・害獣の住処になったり、犯罪の温床となったりするリスクがあります。それによって近隣住民に迷惑がかかることもあるでしょう。売却すれば、そのリスクの責任を負う必要はなくなりますし、そもそも新たな住民が住めばこれらのリスクはなくなります。

  • 売却の優遇税制が受けられる

    亡くなった人が暮らしていた家を相続し、その家が空家となる場合、相続人が空家を売却する際、売却益が3,000万円以内であれば非課税となる特例があります。(通称:空き家の特例)※空家の特例が認められるためのいくつかの要件があります。なお、この、空家の特例が受けられるのは、相続した日から3年を経過する日が属している年の12月31日までです。

  • 遺産分割や納税がしやすくなる

    相続財産の大半を空家となる物件が占めていた場合、相続人で遺産を分けあう「遺産分割協議」が難しくなってしまいます。物理的に空家を半分にするということはできないためです。 そこで、空家を売却して現金に換えることで、相続人同士で分けやすくなります。また、相続税がかかる場合には、納税資金にすることも可能です。

相続した家が空家となる場合、放置することで様々なリスクが生じます。また、老朽化を防ぐために、定期的に管理をしなければいけません。定期的にメンテナンスをしていても、家は年月が経てばどんどん古くなり、資産価値も下がっていってしまいます。 実家として思い入れがあったり、定期的に親族が集まる場として利用したりする場合は別ですが、空き家を所有し続けることに大きなメリットはありません。空家の特例で、売却益の控除が受けられるのも3年強の間だけですので、空家を所有している場合には、なるべく早期に売却を検討することをおすすめします。手続きが難しい、不安という方は、専門家に相談してみることをおすすめします。

お急ぎの場合は電話窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 営業時間:10時~19時
定休日:水曜日
    年末年始

Access


ハウスドゥ 南高槻

住所

〒569-0824

大阪府高槻市川添1-6-10

Google MAPで確認する
電話番号

072-668-2246

072-668-2246

運営元

株式会社コンフォート住宅販売

地域に根差し、お客様のご相談に親身に寄り添う姿勢を重視して営業しております。まちの不動産屋として地域の皆様にご信頼いただけるよう、これからも丁寧で誠実な接客を心掛けてまいります。また、現在、不動産買取事業を強化しております。空き家や遊休地の処分にお困りのお客様はぜひお気軽にご相談ください。

ハウスドゥ南高槻 高槻市の不動産売却なら。

弊社は、高槻市を中心に不動産仲介業を行っております。

売却専門のスタッフが皆様のご自宅をご査定させて頂きます。

今の自宅の価値を知りたい・相続したけどどうしたらいいかわからないなど

些細な質問でも構いません。

皆様とのご縁を楽しみにお待ちしております!

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

    Related

    関連記事